質問文をクリックすると回答が表示されます。

Q1.個人戦とチーム戦の違いは何ですか。

A1.個人戦は各参加者の仮想元手資金300万円が最終的にいくらになったかを競います。チーム戦は3名以上10名以下の人数でチームを作り、チーム全体の収益率が最終的に±何%になったかを競います。また、チーム戦は学生しか参加できません。

Q2.個人戦とチーム戦の両方に参加できますか。

A2.個人戦とチーム戦の両方に重複参加することはできません。また、チーム戦は職業が学生の方のみ参加可能となりますので、一般の方は個人戦に参加していただくこととなります。

Q3.チーム戦は大学生以外の学生も参加できますか。

A3.中学生以上であれば、大学生以外の学生でも参加できます。例えば、高校生の場合はチーム登録の際に学校名(高校名)を入力してください。

Q4.チーム戦の各メンバーの通う大学(学校)が異なる場合、チームの大学名(学校名)はどのように登録するのですか。

A4.チームの代表者を決め、代表者の通う大学名を登録してください。

Q5.「Active trade(いつでも売買)部門」と「Buy and hold(一回こっきり)部門」の違いは何ですか?

A5.「Active trade(いつでも売買)部門」は従来から行なってきた部門でコンテスト売買期間の10月3日 16:30 ~ 11月30日 23:59までの間に何度でも名証全上場銘柄を売買できる部門です。また、「Buy and hold(1回こっきり)部門」とは、コンテスト売買期間の序盤(10月3日 16:30 ~ 10月16日 23:59)に1度だけ名証単独上場銘柄3銘柄以上を仮想元手資金300万円以内で購入して、売買期間最終日の11月30日まで持ち続ける部門です。「Buy and hold(1回こっきり)部門」はコンテスト序盤戦に最後まで保有し続ける銘柄を購入するため、一発勝負・宝くじ的な要素があり、どちらかというと投資初心者向の方に気軽に名証株式投資コンテストに参加してもらえるよう新設しました。なお、個人戦、チーム戦の参加者は「Active trade(いつでも売買)部門」と「Buy and hold(1回こっきり)部門」の両方に参加することができます。(いずれか一方のみの参加も可能です。)

Q6.「Buy and hold(一回こっきり)部門」への参加方法を教えてください。

A6.個人戦 または チーム戦に参加登録すれば、自動的に「Buy and hold(一回こっきり)部門」へ参加できます。ただし、「Buy and hold(一回こっきり)部門」の対象銘柄購入期間が10月3日 16:30 ~ 10月16日 23:59となっているため、10月17日以降に個人戦 または チーム戦に参加登録した方は「Buy and hold(一回こっきり)部門」に参加することはできません。また、10月16日以前に参加登録した方でも、11月16日23:59までに「Buy and hold(一回こっきり)部門」の対象銘柄を購入しなかった場合には、「Buy and hold(一回こっきり)部門」への参加資格を失います。

Q7.「Buy and hold(一回こっきり)部門」の購入対象銘柄と購入の条件は?

A7.名証単独上場銘柄が購入対象銘柄です。仮想元手資金300万円以内で名証単独上場銘柄を3銘柄以上購入する必要があります。また、購入期間は10月3日16:30 ~ 10月16日23:59までの間で1度限りとなります。(複数回に分けての購入はできません。)

Q8.「Buy and hold(一回こっきり)部門」の成績評価方法を教えてください。

A8.個人戦 及び チーム戦の参加者全員で成績を競い、「Active trade(いつでも売買)部門」で与えられた仮想元手資金300万円とは別の仮想元手資金300万円を使って、コンテスト序盤(10月3日 16:30 ~ 10月16日 23:59)に名証上場銘柄3銘柄以上を購入します(保有銘柄の途中売却はできません)。保有銘柄を11月30日の終値で評価し、仮想元手資金300万円が最終的にいくらになったかを計算し、成績順位を決定します。

Q9.10月17日以降に名証株式投資にコンテスト参加した場合、「Buy and hold(一回こっきり)部門」に参加することはできますか?

A9.「Buy and hold(一回こっきり)部門」の対象銘柄購入期間が10月3日 16:30 ~ 10月16日 23:59となっているため、10月17日以降に「Buy and hold(一回こっきり)部門」に参加することはできません。ただし、「Active trade(いつでも売買)部門」はコンテスト期間最終日(11月30日)まで参加可能です。

Q10.個人戦の参加方法は。

A10.各自がホームページから参加登録していただくことでご利用いただけます。参加登録後、ID(あなたのメールアドレス)とパスワードを入力して個人戦参加者画面にログインすることができます。

Q11.チーム戦の参加方法は。

A11.チーム戦に参加するには、①チームの代表者がチーム戦参加登録画面において自分のID(代表者のメールアドレス)、パスワード、ニックネーム、郵便番号等、自身の情報を登録すると同時に、チーム名と学校名、チーム内の各メンバーのID(各メンバーのメールアドレス)、パスワード(パスワードは本登録時に変更できます。)、ニックネームを仮登録します。チームの代表者はこの時点で自身の参加登録が終了します。② チーム内の各メンバーは代表者が仮登録した自分のメールアドレスに送信された「ID(メールアドレス)」と「パスワード」を使いTOPページからログインし、表示される本登録画面においてパスワード、郵便番号等、各メンバー自身の情報を登録することにより、参加登録が終了します。参加登録後、ID(あなたのメールアドレス)とパスワードを利用してチーム戦に参加することができます。

Q12.IDとパスワードはどのように設定するのですか。

A12.参加登録時にご登録いただいたメールアドレスがIDとなりますので、ご自分のメールアドレスを登録して下さい。また、パスワードは半角英字・半角数字・半角記号(「-」「_」「%」「$」「#」のみ)を使用して6~12文字で任意に設定して下さい。

Q13.前回の名証株式投資コンテストに参加しました。前回のIDとパスワードは使用できますか。

A13.過去の個人戦参加者のIDとパスワードは個人戦にのみ使用できます。前回のIDとパスワードをお持ちの方は、個人戦に参加する場合は参加登録の必要はございません。また、過去開催したチーム戦の参加者IDとパスワードを今回のチーム戦に使用できません。

Q14.携帯電話でも参加できますか。

A14.携帯電話での参加はできません。インターネットに接続できるパソコン、スマートフォン、タブレット端末をご利用ください。

Q15.参加料金は必要ですか。

A15.参加は無料です。

Q16.売買対象銘柄の購入価格及び売却価格はいくらですか?

A16.購入価格、売却価格のいずれも「株式会社名古屋証券取引所の直前の営業日における終値(円位未満切捨て。最終気配値段を含む。)」となります。

Q17.Active trade(いつでも売買)部門において、各参加者の元手資金はいくらですか。

A17.各参加者に仮想的に与えられる元手資金は300万円です。

Q18.Active trade(いつでも売買)部門において、元手資金300万円で対象銘柄をどれだけ買えばよいのですか。

A18.300万円以内の範囲で対象銘柄を1銘柄以上購入していただきます。(300万円以内の範囲であれば、複数銘柄の購入も可能です。)

Q19.Active trade(いつでも売買)部門において、購入ルールに「1タームあたりの購入金額の上限300万円」とありますが、どういう意味ですか

A19.まず、1タームとは取引所営業日の16:30から翌営業日の8:00までのことをいいます。この1タームに購入できる金額の合計が300万円までということです。仮に、あなたの所持金が1,000万円あったとしても同じターム内では300万円までしか対象銘柄を購入できません。しかし、300万円以内ずつ、別のタームに分ければ、1,000万円分購入することは可能です。(例:平成26年11月10日(月)18:00に一度に1,000万円購入することはできません。しかし、11月10日(月)18:00に300万円購入、11月11日(火)18:00に300万円購入、11月12日(水)18:00に300万円購入、11月13日(木)18:00に100万円購入というパターンでなら1,000万円分購入することは可能です。)

Q20.Active trade(いつでも売買)部門において、特別ルールに「購入期間内に1回以上は名証単独上場銘柄を購入すること」とありますが、どういう意味ですか。

A20.平成28年10月3日16:30~平成28年11月30日23:59までの購入期間内に名証単独上場銘柄(名古屋証券取引所に上場している株券及びETFのうち、国内の他の証券取引所に上場していない銘柄をいいます。)を最低1回以上購入してください。名証単独上場銘柄がどの銘柄かわからない方は、ログイン後の購入画面の銘柄名の横に、単独のマークが付けてありますので、 単独のマークが付いている銘柄を購入期間内に1回以上購入してください。

Q21.Active trade(いつでも売買)部門において、対象銘柄の購入期間と売却期間を教えてください。

A21.購入期間と売却期間はどちらも同じで、平成28年10月3日16:30~平成28年11月30日23:59までとなります。
ただし、当該期間のうち「取引所営業日の8:00~16:29の間」は売買ができません。

Q22.Active trade(いつでも売買)部門において、売却から始めることはできますか。

A22.売却から始めることはできません。参加者は元手資金300万円を利用して株式の購入から始めてください。

Q23.Active trade(いつでも売買)部門において、対象銘柄の購入は複数回に分けることができますか。

A23.可能です。現金残高の範囲内で何度でも購入することができます。ただし、1タームあたりの購入金額の上限300万円となります。300万円を超える対象銘柄の購入は複数タームに分けてご購入ください。

Q24.Active trade(いつでも売買)部門において、対象銘柄の売却は複数回に分けることができますか。

A24.可能です。また、保有銘柄は「売買単位の整数倍」ずつ、複数回に分割して売却することも可能です。(例:A銘柄を5,000株保有している場合、A銘柄2,000株を11月1日(火)に、A銘柄の残り3,000株を11月4日(金)に売却することが可能です。)

Q25.Active trade(いつでも売買)部門において、保有銘柄を売却した代金で再度対象銘柄を購入することはできますか。

A25.可能です。現金残高の範囲内で何度でも購入することができます。ただし、1タームあたりの購入金額の上限300万円となります。300万円を超える対象銘柄の購入は複数タームに分けてご購入ください。

Q26.Active trade(いつでも売買)部門において、保有銘柄を売却期間最終日(平成28年11月30日)までに売却しなかった場合、どうなりますか。

A26.売却期間最終日(平成28年11月30日)までに売却されなかった銘柄については、平成28年11月30日の最終値段で売却したものとして、投資成績を評価いたします。

Q27.Active trade(いつでも売買)部門において、チーム戦の成績順位を決める際、チーム全体の収益率の計算方法を教えてください。

A27.((チーム全体の最終日の資産総額)÷(チーム全体の元手資金)-1)×100となります。例えば4名チームが元手資金1,200万円(一人当たり300万円の元手資金×4人)を最終的に1,500万円まで増やした場合、(1,500万円÷1,200万円-1)×100 = +25.0 となり、収益率は プラス25.0%となります。

Q28.自分は学生ではないのにチーム戦に参加してしまいました。ペナルティーはありますか。

A28.チーム戦は学生しか参加できませんので、あなたのチーム内のメンバー全員が失格となります。また、入賞したチームのメンバーの方につきましては、入賞発表前に学生であることを確認させていただきます。

Q29.東証と名証の重複上場銘柄において、名証で値段が付かなかった銘柄は、どの値段で売買するのですか。

A29.東京証券取引所の終値(最終気配を含む)で売買することとなります。

トップページへ戻る